• Home
  • /
  • クレジットカードとデビットカードの違いって何?

クレジットカードとデビットカードの違いって何?

デビットカードなら使いすぎを防げる

便利な支払い手段としてクレジットカードがあります。多くのお店で支払いに使えますが、海外旅行に行ったときにも使えます。海外旅行で使えたら、日本からお金を持って行く量を減らせます。カードを提示するだけで支払えるからです。ただ、クレジットカードは使いすぎるので使えないと抵抗を持っている人もいるでしょう。そんな人にいいのがデビットカードです。大きく分けると2つの種類がありますが、一般的にはクレジットカードが使えるお店で使えるタイプです。銀行の口座と連携されていて、銀行口座を上限として支払いに使えます。つまりはそれ以上は使えません。クレジットカードのように支払えないような買い物をしないで済むので、安心して使えます。

デビットカードにもポイントサービスがある

クレジットカードを使う理由として、ポイントがたまるからと答える人がいるでしょう。スーパーやガソリンスタンドなどの会社が発行するタイプがあり、それらの店で使うとポイントが貯めやすくなります。割引なども受けられるものもあります。その人の中には、前払いの仕組みはあまり好まない人がいます。ポイントをつけてもらうためにカードは提示するけど、支払い手段としては使わない人です。使いすぎを懸念するためのようです。そんな人に使って欲しいのがデビットカードです。名前は聞いても、実際にどんなサービスか知らない人も多いです。知ってほしいいい所として、クレジットカード同様にポイントをつけてもらえるところがあります。キャッシュバックのサービスもあります。

決済代行サービスとは、クレジットカード決済やコンビニ決済等、多様な決済システムを提供するサービスの事です。