• Home
  • /
  • こんなにたくさん!?声優に求められる能力とは?

こんなにたくさん!?声優に求められる能力とは?

メディア出演の増えている声優…一体どんな仕事?

近年、歌手活動等でメディア露出が増え、普段アニメを見ない人でも声優の名前や歌を聞いた事があるという人が多いのではないでしょうか。1シーズンに制作されるアニメも増加し、声優の仕事は増加の一途を辿っています。中には声優の枠を超えて活躍する人も…。果たして声優の仕事とは、一般的にどのようなものなのでしょうか?

声をあてるだけじゃない!?多彩な仕事内容!

声優の業務は主にアニメキャラクターへの声の割りあてや、洋画の日本語吹き替えとなります。また、ラジオのパーソナリティーを務めたり、オープニング・エンディング主題歌を担当したりする場合もあります。担当した作品に関わる派生業務も多く、声優自身が登壇するファンサービスイベントも開催されるため、ただ声をあてていれば良いというわけにはいきません。演技力や特徴的な声質以外にも、トーク力や歌唱力が求められます。

専門学校でもメディア出演を見据えてのカリキュラムが組まれており、マルチな才能を持つ人材を育成しようとしています。規模やレッスン形態など、学校が独自の特徴を持つようになっており、学生から社会人まで幅広い年齢層が通えるようになっています。元もしくは現役声優の講師から指導を受けられ、学校自体が声優事務所との繋がりを持っています。レッスン内容としては、最初から映像に声をあてる事は少なく、腹式呼吸といった呼吸法を身につけた上での発声練習や、走り込みにストレッチ等の体力作りを基礎として学びます。そして、演劇に取り組みます。声だけのレッスンをイメージする人が多いかもしれませんが、俳優と同じく最初は『役者』としてのスタートになります。

声優の養成所の多くは声優事務所の系列であることが多く、優れた成績を残して卒業した場合はそのままスカウトされることがあります。