• Home
  • /
  • どこが違うの?高校卒業資格と高等学校卒業程度認定試験

どこが違うの?高校卒業資格と高等学校卒業程度認定試験

高等学校卒業程度認定試験

高等学校卒業程度認定試験というものは、高校卒業資格と似ていますが大きな違いがあります。高等学校卒業程度認定試験というものは、高認とも呼ばれているもので、さまざまな理由によって高等学校を卒業することがものなどの学習成果を適切に評価し、高等学校を卒業することと同等程度かそれ以上の学力があるかどうかを認定するための試験のことです。合格者は、大学や短大、専門学校への受験資格を得ることができます。

高校卒業資格とはどんなもの

高校卒業資格とは、その名の通り高等学校を卒業したことを示す資格のことをいいます。一般的には高等学校を卒業するためには、3年以上の在籍か74単位以上の取得、そして特別活動30時間以上の参加の条件を満たしている必要があります。そのため、何らかの理由によって退学をしてしまった場合は高校卒業資格を得ることはできません。高校卒業資格は、全日制か定時制、あるいは通信制で得ることができます。

ふたつの資格の違いとメリット

高校卒業資格と高等学校卒業程度認定試験では、内容が異なり、メリット・デメリットがあります。高等学校卒業程度認定試験は、あくまで学力が高等学校卒業以上を持っていることを証明することが目的となっています。そのため、高等学校卒業程度認定試験を受けたとしても、その後に大学や短大、専門学校を卒業しなければ、最終学歴は中卒となってしまいます。この違いが最も大きな違いと言えます。高等学校卒業という条件は、就職試験の際に大きなメリットを生みます。多くの企業の募集要項には、「高等学校卒業」と記載されています。この記載がされている場合、高等学校卒業認定試験を受けて合格していたとしても募集することはできず、大きな制限となってしまいます。

高校中退をして、なかなか正社員のお仕事が見つからないということがあります。そんな時は高校卒業資格を取得することがオススメです。社会人になってからでも取得できます。