• Home
  • /
  • 税理士を選ぶ時にチェックしておきたいポイントとは?

税理士を選ぶ時にチェックしておきたいポイントとは?

顧客目線で仕事をしてくれる税理士を選ぶ!

税理士を選ぶ時にまず始めに重視しておきたいのが、顧客目線で仕事をしてくれるかどうかです。ここでの顧客とは、税理士に仕事を依頼するクライアントを意味しています。クライアントとしては正確に税務処理を行ってくれることが第一ですが、そこには可能な限り節税したいという願いも込められているものです。それなのに顧問契約を結んだ税理士が、まるで税務署のように厳しく指摘してきたり、税理士側の都合で雑に仕事をされてしまったりしては大変です。税理士業界は歴史が古く、顧客に寄り添うサービス業としての姿勢が身に付いていない税理士も少なくありません。このため顧客側の目線を持ち、サービス業としての仕事をしてくれるかどうか、しっかり見極めることが大切です。

積極的に節税のアドバイスをしてくれるかどうか

税理士を選ぶ時は、積極的に節税に関するアドバイスをしてくれるかどうかも大切なポイントです。税理士は税務処理のプロフェッショナルであるものの、節税に対して積極的な人と、そうでない人に分かれる傾向にあります。そもそも税理士は国家資格が必要な職業で、クライアントが正確に納税できるように支援するのが仕事です。このため顧客の立場になって考えていない税理士は、どうしても節税に対して控えめになってしまいます。しかしながら、最初の面談で「可能な限り節税したい」という意向を伝えることで、積極的にアドバイスをしてくれるケースもあるようです。したがって、まずは節税の意向を伝えて、丁寧かつ的確にアドバイスしてくれるかどうかもチェックしておきましょう。

税理なら岡山で相談する方法が最適です。遺産相続や生前贈与など、さまざまな事例に詳しい税理士がそろっています。