• Home
  • /
  • 何を補償してくれるの?人間の保険との違いは?

何を補償してくれるの?人間の保険との違いは?

治療費の一部の負担をしてもらえる

日本人は、何らかの医療保険に入らないといけません。基本的には3割負担で治療が受けられるようになっていて、7割は保険の運営団体が行ってくれます。いつ病気になったりけがをするかわかりませんが、負担が減る仕組みがあるのは助かります。ペットといえば家族同然です。家族と同じように扱っている人もいるでしょう。しかし日本の法律では物と同じとされています。残念ながら公的な保険は用意されていません。でも民間会社が商品を販売しているので、そちらが利用できます。補償内容としては、人の医療保険同様に治療費の一部を負担してくれるものがあります。コースが選択できるようになっていて、治療費の5割や3割などを負担してもらえるような内容です。

車いすが必要になったときの補償がある

人は二足歩行ですが、病気やケガなどで歩けなくなると移動ができなくなります。その時には、杖や松葉づえの他車いすが用意されます。電動式などなら、介助者に頼らなくても自分で外出できるようになります。歩けなくなるのは人だけではなく動物にもあります。原因は様々で、けがもあれば病気もあります。犬なども歩けなくなると生活に大きく影響するため、その後長く生きられない可能性が出てきます。ペット保険の中には、車いす補償が付くものがあります。足が使えなくなったときに専用の車いすを作る措置がありますが、その費用の一部を補償してもらえます。ペット用の車いすはそれぞれの専用になり、どうしても高くなるケースが多くなります。その負担を減らせます。

ペット保険の見積もりはオンラインで可能な会社もあります。まずは比較サイトでご自分のペットに合いそうなところをピックアップしていくと良いでしょう。