• Home
  • /
  • 退職金の代わりにもなる!?自営業者にも便利なiDeCo

退職金の代わりにもなる!?自営業者にも便利なiDeCo

自営業者は退職金がないのがネック

多くの企業が退職金を出しています。しかし、自営業者には退職金というものはありません。自営業の一番のネックは、この点にあるとも言われています。なぜなら、退職金は数百万から数千万という大金になるのが普通だからです。これがあるかないかで、老後の生活のしやすさは大きく変わります。

iDeCoを使えば自分で退職金を用意できる

しかし、自営業者の人も自分で退職金相当のお金は貯めやすい時代になっています。iDeCoという制度が始まって、60歳時に割と大きなお金を受け取れるようになったのが大きいですね。これは厳密に言えば年金制度の一種になります。正式には確定拠出年金と言って、国民年金では足りない老後資金を効率よく形成してもらおうという狙いで作られた制度なのです。

自営業者とiDeCoの高い相性

この制度は、自営業者の人ほど恩恵が大きく受け取れるようになっています。なぜなら、自営業者の人は年間80万円ほどの所得税控除枠をもらえるからです。毎年80万円も所得税の控除を受けながら、投資信託等で資産形成を進めていくことができます。若いうちから始めておけば、60歳になったときには数百万から数千万という巨額のお金を手にすることもできるでしょう。これがあれば、退職金が出ない自営業の人でも老後の生活に困ることが少なくなります。

iDeCoのメリットとデメリット

iDeCoのメリットは、節税効果が高い点にあります。控除に使えるのも大きいですが、お金を受け取るときにも税金はほとんどかかりません。デメリットは、60歳までお金を下ろすことができない点にあります。ただ、これは年金制度の一種なので仕方のない部分ではあります。

「iDeCO」とは個人型確定拠出年金と呼ばれる、個人が積み立てる私的年金制度のことで、積立金が所得税・住民税の計算において全額控除となり、運用益が非課税であるなど、税制上大きなメリットがあります。